運転代行の予約方法は、一般的に運転代行業者に電話をして予約します。
車を止められているパーキング名や住所を伝え、その場所まで運転代行の業者が随伴車で2名1組で来てくれます。
時間帯や曜日によっては予約が取りづらい事もある為、帰りの時間が分かっている場合は早めに予約をしておく事をおすすめします。

一般的な運転代行の予約方法

①運転代行業者に電話

一般的に運転代行の予約方法は電話で行います。
リアルタイムで予約状況が変わる為、メールやWEBでの予約を行っている業者は少ないです。
今後、スマホアプリで予約を行えるように変わっていくと思いますが、今はまだ電話予約です。

②駐車場名や住所をしっかり代行業者に伝える

電話の際に駐車場名や住所をしっかり伝えましょう。
駐車場名や住所が分からない場合、運転代行の業者が車を止めている所まで来る事ができません。
泥酔し車を止めた場所が分からなくならないように、お酒を飲む前に、パーキング名や住所を控えておいたり、スマホでパーキングの看板を写真に残すなどしておけば安心です。

③受付時に車種・ナンバー・色を伝える

駐車場を伝える事は当たり前ですが、車種、ナンバー、色もしっかり予約時に伝えましょう。
小さなパーキングでは問題ありませんが、大きな駐車場や立体駐車場ではお客様の車を見つけるのに時間が掛かってしまいます。
プリウスやベンツ等、同じ駐車場に複数台止まっている可能性がある車種の場合、ナンバーや色を伝えておくだけでスムーズになります。

④運転代行業者が来るまで待つ

予約が完了しましたら、案内された時間に運転代行業者が車に乗ってやってきます。
天候や道路の交通量で多少の時間の遅れがある事は、事前に理解しておきましょう。
車を止めている近くで飲んでいる場合は、10分前の電話ください。などお願いしておけばスムーズです。
ほとんどの業者が、到着後待機時間が発生した場合、別途待機料金が発生しますので、運転代行業を待たせないようにしましょう。

⑤運転を代行してもらい自宅まで

お客様に代わり車を運転してもらい自宅や目的地まで移動します。
車内では運転手さんと話しをしたり、眠っていても問題ありません。
眠られる際は、必ず目的地の住所をナビに入れてもらいましょう。

⑥運転代行業に料金を支払い終了です

自宅や目的地まで送り届けてもらったら料金を支払い代行終了です。
現金やクレジットカード、タクシーチケットなどでのお支払いが可能です。
最近ではPayPayなどQRコード決済に対応している運転代行業者も増えてきました。

知っていて損はしない運転代行利用方法

電話すればすぐ来てくれる。なんて思っていたら待ち時間が1時間以上なんてことも・・・
運転代行を利用する際、知っていて損をしない情報

運転代行の予約は早い方が良い

電話をすれば直ぐに来てくれると思っていませんか?
週末や連休中など運転代行を利用される方が多い時は、早めに予約する事をおすすめします。
利用者が多い時は、代行業者の到着が1時間以上かかる事もあります。

予定時間に代行業者が来ない事もある

天候や渋滞などで予約の際に伝えられた時間に業者が来ない事もあります。
多少の時間の遅れは理解してあげましょう。
ただし、毎回遅れてくる業者や、連絡もなく大幅に時間が遅れる業者は運転代行業者として失格です。
別の運転代行業者を運転代行.netで探しましょう。

運転代行を利用する際の注意事項

運転代行を利用する際は必ず認可を受けた業者の利用しましょう

運転代行業者は、お客様の大切な車の運転を代行する各都道府県の公安委員会の認可を受けた業者です。
運転代行を行う業者は、代行保険の加入が必要となっており、万が一事故が起きた際も適切な対応をしてもらえます。
また、その中でお客様に代わり運転出来るのは二種免許を持っているドライバーのみとなります。
運転代行業者の随伴車には、「(都道府県名)公安委員会認定第○号(業者名)代行随伴用自動車」の文字を入れる事が法律で義務付けられている為、必ず確認を行いましょう。
認可を受けていない者が代行業務をする事は禁止されており、事故等が起きた際、全て自己責任となるので注意が必要です。

運転代行業者の随伴車には乗れません

運転代行業者は、2名1組で随伴車に乗って行う事が一般的ですが、代行業者の随伴車にお客様を乗せる事は禁止されております。
複数名で代行を依頼する際は、定員オーバーにならないように注意しましょう。
代行業者のドライバーが1名乗りますので、軽自動車なら3名までとなります。

代行料金やサービス内容を事前に確認しましょう

運転代行の料金は業者によってまちまちです。
走行距離に応じた距離料金の他に、外車料金や高速代、離れた場所まで来てもらう際は迎車料金がかかります。
また、待機時間が発生した場合、待機料金がかかります。

高級車や改造車は断られる事もあります

運転代行の業者によっては、高級車(ロールスロイス・フェラーリ・ランボルギーニ等)の代行をお断りしている業者もあります。
また、ローダウンなど改造車も代行を断られる事があります。
事前に代行が可能が確認しましょう。
※違法改造車の代行は絶対に行いません。